〇いきなり入場待機列

 6月12日(日)、名古屋の北文化小劇場で行われた百合坂46の「発表会」に行ってきました。 参加の申し込みを、事前にTwiPla(SNSを経由したイベント開催支援サービス)やLINEなどで募っていたので、今回はあらかじめTwiPlaで申し込んでから現地に行きました。入場料金は大人1,000円です。

 案内された開場時刻に行くと、既に待機列ができていました。
①TwiPlaで申し込んだ人の列
②LINE等で申し込んだ人の列
③家族・友人枠の列、と3列構成
 列の一番うしろに並んだ人は「最後尾」と書かれたボードを持ちます。この整列といいますか、流れが大変スムーズで、裏方さんを含めたとてもいいチームワークだなと思いました。

Ckt4cw0UYAIjpxp
Ckt4c5uVAAAx-Ac

〇開演直前、46時間TVに登場!

 着席して開演を待っていると、前に座っていた人がスマホで46時間TVを視ていて突然、「百合坂がきた!」と大きな声。中田花奈のコーナーで百合坂が取り上げられたようです。「嫉妬の権利」の動画だったようで、会場の気分も 否応なく高まってきます。
Cku62_tUYAAfyAC
Cku62_qVEAAk8V5












 
〇 充実のセットリスト

 この日披露された曲は、全部で19曲。表題曲、カップリング、ユニット曲、実に多彩な構成でした。やはり目の前で見るダンスは迫力があります。今回は、そのままの音源を使用出来ているため、見ていて気持ちが入ります。ここに至るまでに、相当なご苦労などあったと思うのですが、本当によいものを観させてもらいました。あと、衣装も揃っていて綺麗でした。特に、「他の星から」の衣装に似せたあの服はいったいどこから持ってきた?のでしょうか。自作かな?もしかしたらお母さんが昔着ていた服かも、なんて想像しながら見ていました。とても印象に残っています。

Ck0vhg8UoAA1NH6
〇 西武ドームの名演を忠実に再現した、「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」

 いくつか印象に残っている曲を。「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」に関しては、ファンの記憶に強く残っている、語り継がれる名演と呼ばれるパフォーマンスがいくつかあって、例えば西武ドームで披露された、井上小百合のソロダンスから始まる咄嗟もその一つです。今回の発表会では、その咄嗟が披露されました。さゆ担当のまいまいさんがイントロで踊り始めた瞬間に、「あっ、これをやるんだ」と思いました。

 百合坂のすごいところは、こうしたファンのツボをついてくるところだと思います。乃木坂の振りを単に真似する、コピーするだけではなくて、ファンの記憶に訴えかけてくる、もっと言うとファンの乃木坂への愛、推しへの愛に直接訴えかけてくるものがあるし、百合坂さん達自身が、どれだけ乃木坂のことが好きかが伝わってくるところ。ここが一番大きな魅力かなと個人的に思っています。

 大サビの、♪もしも やりなおせるなら のところで、さゆの感情が高まって前かがみになる場面があるのですが、ここもしっかり表現されていたし、本当に細かいところまで含めて表現が繊細です。

o0640035013226935581


〇 圧倒的なスピード感、疾走感、「孤独兄弟」

 久しぶりにオリジナル2人編成の「孤独兄弟」を見た思いがします。最近はアンダーライブなどで、大人数で披露されることが多かったので、皮のジャケットを着た也恵さんとさぼんさんを見て、気分が高まりました。「孤独兄弟」大好きです。2人とも背が高く、かっこいいです。

 曲が始まると、2人のダンスに原曲以上のスピード感と迫力を感じました。特に也恵さんのダンスは身体の振りが大きいうえに早い!自分はダンスのことはよくわからないですが、みんながよく言う、「キレッキレ」ってこういうことを言うのでしょうか。也恵さんの迫力に圧倒されたのか、2人でグーとグーをあわせるところが飛んでしまったので、次回もう一回見たいです。


〇 裏方さんの大きな力

 最初の整列や待機列の誘導、その他の案内、多くの記録係のみなさん。全体として進行がスムーズで、とてもいい発表会だったと思います。150名以上のお客さんが入っていたように思います。このイベントの開催や進行に関して、きっと多くの裏方さんがいらっしゃったことは容易に想像ができました。百合坂46を、やや突き放した言い方をすれば、一地方の、アイドルでもないアマチュアのダンス集団。でもこれだけのイベントを、事故やトラブルなく成功裏におさめることができたのは、ほんとすごいことだなと素直に思いました。自分も乃木坂好きが高じて、ひょんなことからここまで来てしまいましたが、関西でもなんかこういうイベントあったらいいのになと強く思いました。

Ck6KeMAVEAEe-EX

Ck9eBfSVEAAkz5u


                                  (だいせんせ)


後記①:受付の女性が小木曽汐莉に似てたかもしれない(かわいいって直接言うのが恥ず
    かしいときに使う、婉曲的な表現)。

後記②:メンバー4期生のかすみさんの声が、星野みなみに少しだけ似ている。(これは
    ほんとに)