いまさらであるが、鈴木絢音ちゃんは、綺麗な少女である。

実は乃木坂46に美形でないメンバーはいないのであるが、絢音ちゃんの容貌の美しさには独特のものがあると思う。

それこそが、ずんずくずーさんの語った「内面から湧き出る美しさ」なのだろうか。

そんな彼女の内面を探るべく、読書好きな彼女が今まで読んだという本から、アプローチしてみたい。

 

さて、昨日買った雑誌「月刊エンタメ 201610月号」に「生田先輩ともっと仲良くなりたい座談会」という企画が載っていた。いくちゃんと蘭世・絢音・みり愛の2期生三人の語らいの中、いくちゃんが「最近、(絢音の)噂を聞くことが多くなったんですよ」と口にした通り、ファンからもメンバーからも注目されている成長株の絢音ちゃんである。

私はというと、割と早くに彼女の美貌には魅かれていた。

初期に保存した写真がこれである。

無題1
 

お分かりと思うが、この写真、舌が出ているのである。

続きを読む

CsPXLLdUAAAio3f

9月13日はクイズ王、古川洋平さんの誕生日です。
言っときますけど、クイズ王の推しは堀ちゃんですからね!
推しブレは全く無いですからね!いいな!

Happy birthday クイズ王!



続きを読む

〇斎藤ちはるのコイントスから

 Xリーグの春の公式戦、Pearl Bowl。前年と同様、2014年もコイントスを任されたのは我らが斎藤ちはる。ファンの方なら誰でもご存じの通り、彼女のお父さんはX2バーバリアンに所属する、斎藤伸明選手(QB)。そうしたご縁が関係あったのか無かったのか?乃木坂46は2013年と14年、2年続けてハーフタイムショーのゲストとして出演しました。
news_large__MG_1330



ちなみに2013年のゲームも 
news_large_002_MP5_0233


続きを読む

〇感想の前に

 ぐるのぎさんが制作されている、百合坂46さんのウェブサイトがすごくセンスいいなと思いました。わかりやすくまとめられていて、とても雰囲気のいいサイト。グループの魅力がすごく引き出されているような感じがします。綺麗だし、訪れて楽しいウェブサイトだなと思いました。

その中でも、特にいいなと思ったのはメンバー紹介のページ。これ、一人ひとり好きな写真を選んでいるのでしょうか? せいちゃんさん、ここチェスキークルムロフですよね。お気に入りの一枚なのでしょうか。全然関係ないですが自分も旅好きなのでなんか気になりました。リロリンさんの写真も、菊栽培の専門誌(あるのかな?)の表紙のようで良かった。w

20160819a


http://yurizaka46.com/ (百合坂46さんウェブサイト)

http://gurunogi.tokyo/ (ぐるのぎさんウェブサイト)


 続きを読む

ayana1

〇“内面から湧き出る美しさ”

 8月11日のスペシャルイベントに参加したずんずくずーさんから、たくさんのレポの投稿がありました。残念ながら黒ひげは一刀目で跳んでしまったらしいですが(笑)、推しのまいちゅんとその隣にいた絢音ちゃん、二人の心配りがとても丁寧で心温まるものだったようで、感動と驚きのレポートを楽しく拝読させていただきました。
一部を抜粋して引用します。


輝いてたね。凄かった。なんかね、あーちゃんの周りにね 
『清廉という名の女神』がいてね、あーちゃんを不浄なものから守ってるって感じ。 

んであーちゃんもそれを自然に受け止めてて神様に守られてても 
『幼い頃からずっと守られてきたから別に普通』みたいな。 

今までみたことないような美しさを見たね。 
何だろうあれ。内面から涌き出る美しさかな…… 
あんな人みたことないや。 

 生の鈴木絢音に接した臨場感、とても伝わります。いたって普通の子のような感じなんだけど、でもどこか普通でないような感じ。その清廉さ、そこはかとない美しさ。彼女の外面についてはどうも上手く形容できないというか、何か言葉では表現しきれないようなものがあると感じています。

 じょしらく弐、波浪浮亭木胡桃役での怪演!を契機に、そして最近のテレビ番組等での露出の多さとそこでの発言や活躍を通して、「イメージが変わった」「見た目と実際が違う」「意外な一面を見た」「活発でおもしろい」、こうした反応がこのところ多いような気がします。大変いいことではないかと思います。いま、大変な勢いであーちゃんのファン増えていっているのでは、と思っています。

ayane22


















 実際、既に13thから設定部数を売り切ってしまう人気があったにもかかわらす、14thから謎の部数減らしがあって、今回も部数が微増にとどまったことで、今や最も握手券が入手しづらいメンバーの一人に名を連ねてしまいました。(学業など、いろんなバランスに配慮がなされているのでしょうか?)

 見た目とのギャップに関しても、ようやく、あーちゃんの活発さが理解されて浸透してきたのかなと思っています。「真面目で利発だけれど大人しい」、そうした一面だけで理解されてきて、確かに人見知りな一面はあるけれど、実は、飛び跳ねるように笑ったり、深い瞳と真剣な表情で人の顔を覗き込んだり、すごく活性化されたキャラクターの持ち主であることは、握手会に足繁く通い倒した諸兄には十分ご存知だったことと思います。(笑)

 どのメンバーひとりをとってみても多くの魅力に溢れる乃木坂46の中で、何故鈴木絢音に魅かれるのか(あと伊藤万理華と斎藤ちはる)、推しを語るのはちょっと恥ずかしいような、難しいような気持ちもあるのですが、ずんずくずーさんの“内面から湧き出る美しさ”、という言葉をきっかけに、彼女の内面をかたちづくるものについて少し考えてみたくなりました。彼女の美しさを外に表出させているものは、その内部に凝縮されているのではないかと。    (音楽編)

ayane3



続きを読む

 7月28日、東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」の2017年公演のキャストが発表されました。物語の主要な役、コゼット役のダブルキャストの一人に、生田絵梨花の起用が決定したとのことで、このニュースは、SNSなどを通して瞬く間に大きな話題となりました。これまでの2本のミュージカルや、「ロミオとジュリエット」の発表のときよりも大きなものだったような気がします。ミュージカルに詳しい人、そうでない人も、また、レミゼを知ってる人、知らない人にかかわらず、「いくちゃん、すごい!」という感じで。あと、「レ・ミゼラブル」という作品に関しての、詳しくはわからないけれど、「もしかして、すごいことなんじゃないの」的な驚き(と、少しの困惑と)。そんな雰囲気をこの日に感じました。

また、乃木坂ファンのみならず、それまで過疎状態だったミュージカル系の掲示板などでも、この発表は賛否を含めた大きな話題となり、活発なコメント投稿や議論がなされるなどの反響を呼びました。

 発表から数日が経って、今回、この出演がもたらすことの意味、影響、そして反響のなかで見られた否定的な意見、肯定的な意見、心配事?などを、ちょっと自分のなかで整理してみたくなりました。

レミゼちらし





 続きを読む

↑このページのトップヘ